スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

不景気)とは?

麻生内閣が発足した2008年9月に起きた事件。アメリカの超大型の投資銀行であるリーマン・ブラザーズの経営が破綻したというニュースが世界中を駆け巡った。この出来事が発端となって歴史的な世界的金融危機のきっかけになったためその名から「リーマン・ショック」と名づけられたと言う事情なのである。
この言葉、「銀行の運営というものは銀行自身に信頼があって発展する、もしくはそこに融資する値打ちがあるとは言えないと断定されて発展しなくなるか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
FX(エフエックス):簡単に言えば外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引です。FXはほかの外貨取引(外貨預金や外貨MMFなど)にくらべると利回りが高いことに加え、手数料等も安いというのがポイントである。身近な証券会社やFX会社で購入できる。
認可法人預金保険機構が支払う補償額の限度は"預金者1人当たり1000万円以内(但し当座預金など決済用預金は全額)"なのである。同機構は日本政府そして日銀合わせて民間金融機関全体が約3分の1ずつ
西暦1998年12月に、総理府(現内閣府)の外局として大臣を組織のトップである委員長と定める新たな機関、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(現、金融庁)は2001年の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管轄下に2年余り置かれていたのである。
必ず知っておくべきこととして、株式の詳細。社債などと異なり、出資証券(有価証券)であり、出資を受けても企業は当該株主に対しては返済しなければならないという義務はないきまり。そのうえ、株式は市場価格での売却によって換金するものである。
よく聞くコトバ、バブル経済(バブル景気・不景気)とは?⇒市場価格の動きが大きい資産(不動産や株式など)の市場での取引金額が過剰投機によって実際の経済成長を超過してもなお継続して高騰し、当然の結果として投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指します。
実は日本の金融市場の競争力を強化することを目的とした規制緩和のほか、金融に関する制度の更なる質的向上が目標とされた取組や活動等を促進する等、市場環境と同時に規制環境に関する整備がすでに進められているのである。
きちんと理解が必要。株式とは?⇒債権ではなく出資証券(有価証券)なので、発行元には出資した株主に対しては出資金等の返済の義務は発生しないから注意を。それから、株式は売却によってのみ換金できる。
つまり「重大な違反」にあたるのかあたらないのかは、監督官庁である金融庁が判断を下すこと。一般的な場合、他愛の無い違反がずいぶんとあり、それによる効果で、「重大な違反」評価を下すのである。
結局、第二種(一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が新たな金融商品としてファンドを作り、うまく運営していくためには、目がくらむような量の、業者が「やるべきこと」、それともちろん「やってはいけないこと」が事細かに定められているのである。
結局、「重大な違反」かどうかは、監督官庁である金融庁において判断することなのです。ほぼ全ての場合、細かな違反がけっこうあり、それによる関係で、「重大な違反」判断をされてしまうのだ。
麻生内閣が発足した平成20年9月のことである。アメリカの名門投資銀行であるリーマン・ブラザーズが突如破綻したことに全世界が震撼した。この事件が世界的な金融危機のきっかけとなったので「リーマン・ショック」と名づけられたと言う経緯がある。
よく聞くコトバ、外貨両替のメリットデメリット。例えば海外へ旅行にいくときだったり外貨が手元に必要な、そんなときに利用されている。しかし日本円に不安を感じた企業等が、現金で外貨を保有する動きもある。注意。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる。
株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行が取り扱っているサービスについては郵便貯金法(2007年廃止)に基づく「郵便貯金」としては扱わず、銀行に関して規定する法律である銀行法(昭和56年6月1日法律第59号)の規定による「預貯金」に則ったサービスということ。

JUGEMテーマ:原発



スポンサーサイト